早期発見がカギ!うつ病診断で精神状態をガッツリチェック

女医

長期的な治療に備えて

レディ

自立支援医療制度をフル活用

人によっては、うつ病と診断されたときに、重く捉えてしまいます。なぜなら、症状の度合いによっては長期的に社会から離れて治療を受けなければならないからです。特に、家庭を持っている人は色んな物を抱えがちになります。一家の収入を支えている大黒柱的な存在であると、家族に多大な迷惑を被ってしまうことを考えてしまいます。収入やマンション、一軒家購入のローンについて色々と重いものがのしかかってしまいます。うつ病と診断され、社会的にも家庭的にも思い何かを背負っている人におすすめしたいのが、自立支援医療制度です。仕組みは、精神疾患の治療でかかる医療費を国が一部負担してくれる制度で、医療機関での治療を続けやすくなります。一部負担をしてくれたら、家計にも負担をかけにくくなるので、お金のことを気にせずうつ病治療を受けていけるのは間違いないです。しかも、有効期間は1年ほどですが、有効期間が切れる3ヶ月ほど前までに治療を続ける旨の申請をすれば、翌年も支援を受けられます。長期的にうつ病を治療していくためには抱えない制度であるのは確かです。

傷病手当の条件

医療費の問題は、自立支援医療制度を利用すれば、負担軽減ができます。しかし、うつ病と診断された以上、休養をとって治療に励むのが前提です。会社を休んでしまうと、収入が途絶えてしまうのは家計的に痛いです。そこで役立つのが傷病手当です。傷病手当は、ケガや病気によって仕事を休まざるを得なくなった際に受け取れる手当金のことを意味します。実は、うつ病も適応内に入っているので、申請をすれば通常の3分の2ほどの給与が受け取れるのです。療養中でも、収入を滞らせずに済むのは確かなので、家族に負担をかけにくくなります。傷病手当を申請する前に、必要な条件項目を確認してから申請をするのが望ましいです。療養中で仕事ができない状況下で、4日以上は仕事復帰できない、勤め先から給与が支払われていないことが当てはまれば申請が通りやすいです。

社会復帰のタイミングを見極める

うつ病の回復期に入ったと診断されたら、早く仕事復帰をしたいと感じてしまいます。しかし、すぐに仕事復帰をしてしまうと、何かしらの作業ミスによって再び症状を悪化させてしまう可能性が高まります。焦らず、復職のタイミングを見極めるためには、医師の診断が必要不可欠です。健全な起床して昼型の生活がおくれるのか、食事、睡眠、軽い運動、長時間作業ができるかを念入にチェックしてくれます。先ほど挙げたチェック項目を全部満たしている状態であれば、問題なく職場復帰ができるのは確かです。医師の細かな診断で、復職OKサインが出るまで焦らず生活をおくるのがおすすめです。